物流における温度履歴を管理する必要性

現代の物流は目覚ましい変化を遂げています。


目的地まで迅速に正確に物品を運搬することはもとより、大量の物品を時間内に正確に複数の拠点に正確に届けるためさまざまなシステムが構築されており、その中で各工程が厳格に管理されています。


その中でも食品スーパーやコンビニといった生鮮品を扱う企業の物流システムは安全に迅速に物品を運搬できる物として注目されています。

自分に合った保冷剤の情報ならこちらにお任せ下さい。

その物流技術を支える重要な要素として温度履歴の管理があります。

朝日新聞デジタルに有益な情報の紹介です。

食品スーパーやコンビニの物品の中には厳格に温度管理を行わなければならないものが多数存在します。



一般的にこのような物品は温度管理された専用の輸送手段で運送されますが現代のようなシステム化された物流技術では複数の運送手段を経由して輸送されることも多く、その途中で温度管理がおろそかに鳴る危険も生じてしまうことがあり、そのような場合に一時的に温度が規定範囲を超えてしまうことも考えられます。しかし、冷凍食品や生鮮品などは品質の低下を招き大きな問題となる事も多いため物品の温度履歴を管理することでその品質の確保を行う事が非常に重要となります。
この温度履歴を確認することで輸送中の品質管理が行き届いているかをチェックし、問題のある物について排除したり、検査を行うなどの処置を行う事がトラブルを未然に防ぐことに繋がるのです。
その為、温度履歴を管理する事は商品の品質管理をしっかりと行い、トラブルを未然に防ぐための有効な手段となっています。